当農園のこだわり

 

寺本農園は大玉トマトを作りはじめて半世紀。

最も栽培が難しいと言われる、野菜のひとつ

それが大玉トマト。

「誰にもできんことをやらなあかん」

創始者である寺本正夫は数多く育ててきた野菜のうちから選んだ。

その初代から息子、孫兄弟へと受け継がれ、さらに日々研鑽してきた昔懐かしい味のするトマトをぜひ一度かぶりついてほしい。

 

http://jp.fotolia.com/id/32235874 @NOBU
http://jp.fotolia.com/id/32235874 @NOBU

大玉トマトの味をおおきく左右するもの。

それは【育て方】だと思っています。

もちろん、肥料や品種や土の状態なども重要です。

しかしながら、毎年同じ肥料や品種、土(これは状態が変わりますが)で栽培していても出来栄えは全然違ってきます

これだからトマト作りは面白い!

育ててる人はみんなそう思っているんじゃないかな?

 


 

育苗の様子。寺本農園では種から育てています。

苗がしっかりしていないとその後の生育もままなりません。暑い時期に育苗するので、気温や地温を適した温度に近づけるのは一苦労です。